♪講座のご案内♪

☆2016年4月~2016年9月期のイーネオヤ講座☆

目的、目標に応じ各コースご用意しております。
本場トルコで身につけた技術をわかりやすく丁寧にレッスンいたします。

詳細はこちら⇒イーネオヤ銀座定期講座のご案内

関東
よみうりカルチャー荻窪 第4火曜午前クラス・午後クラス⇒
よみうりカルチャー恵比寿 第1火曜午後クラス・第2火曜夜クラス⇒
NEWよみうりカルチャー川越 第2水曜⇒
NEWよみうりカルチャー横浜 第2月曜⇒
パシフィックコーポレーション⇒随時募集中

関西
よみうり神戸文化センター⇒
よみうり堺文化センター ⇒
NEWよみうり京都文化センター⇒
近鉄文化サロン阿倍野⇒
NEW近鉄文化サロン奈良⇒
神戸新聞文化センター 三ノ宮KCC⇒



☆2016年4月~2016年9月期のレフカラレース講座☆

関東
パシフィックコーポレーション⇒
よみうりカルチャー荻窪⇒
よみうりカルチャー川越⇒
NEWよみうりカルチャー横浜⇒

関西
よみうり神戸文化センター⇒
よみうり堺文化センター⇒
トルコ雑貨エイリュル
NEWNHK守口⇒
NEW近鉄文化サロン阿倍野 第3水曜午前クラス・第三金曜夜クラス⇒
神戸新聞文化センター三ノ宮KCC⇒


☆東京フリークラス☆
詳細はコチラ⇒フリークラスのご案内

2015年3月18日水曜日

♪イーネオヤ習得時間♪

4月も間近になり、新講座へたくさんの
お問い合わせ、お申込みをいただきまして
ありがとうございます。

イーネオヤを新たに初められる皆様にお会いできますのを

心より楽しみにしてます。

ところで、講座をご受講頂いている皆様、

これからイーネオヤをはじめようとお考えの皆様、
イーネオヤの道のりはどんなものかな
とご不安に思われたりしていらっしゃいませんか?

イーネオヤは手芸がお好きな方々の間では

習得までに少々お時間がかかる手芸としばしば話題にのぼります。
今日はその習得にかかる時間をズバリ!ご紹介致します。

一般的にトルコではイーネオヤの習得に必要な時間は200時間超です。

このおよそ200時間の間に基礎を含め応用や様々な技術を学んでようやく習得に至ります。

では、200時間とは一体どのような時間なの?


インターネットで検索しましたところ

学習時間200時間超を外国語学習に例えますと
日本人が学習した場合、
スペイン語を日常コミュニケーションレベルまで習得するような、
そんなお時間です。

わぁ、大変な時間。

改めて驚きます。

イーネオヤを練習し始めたばかりの頃は

なかなか上手くいかなくて、自分が不器用なのではと思ってしまうことが
あったりするのですが、
(私がそうだったのですが・・・)

習得時間数から考えますと

不必要に落ち込んだり焦る必要はありません。

イーネオヤを始められたばかりで1クールを終えられた1期生の皆様は

2.5時間の授業を5回受講されましたので
12.5時間経過したところにいらっしゃいます。

12.5/200 です。


200時間かけてまだまだ単語や文法を学習している最中ですので

楽しい時間がたくさん残っています。

むしろすぐに実践的な成果が見えなくて、なかなか上達しないな・・・

と感じるのが一般的な感覚。

もしも授業時間内のみ針を握ったとしたら・・・

月一回、一回2.5時間、年間10回のレッスンで
単純に計算して8年かかります。

8年かかって文法を習得し、単語量が蓄積されて

やっとコミュニケーションできる形になる。
そんな感じなのです。


なお、チコラタンのレッスンでは8年もかけず、

できるだけ短期間で学習いただけるようにとの願いを込め、
毎回工夫を凝らして授業を進めております。
実際は上記の計算よりも早いペースで学習頂くカリキュラムになっており、
内容がハイペースでちょっぴり焦りやすいのかもしれません。


これでもハイペースな内容なの?
複雑なイーネオヤがもっと早く作れるようになると思ってた・・・・。

とお考えの方もおられるかもしれませんね。

想像と現実のギャップの差が大きいのも
イーネオヤの特徴な気がします。もどかしいのです。

でも今よりもっと早く習得したい。

複雑なイーネオヤを思う存分美しく仕上げられるようになりたい。
と思われる方はご自宅で学習時間を費やして頂ければその分、
習得までの歳月は短くなります。

授業だけでなく宿題を出すのはハイペースなカリキュラムを

こなしていくために、
針を握って結び目を作る時間を費やして頂きたいという
思いからだったりもします。

はい、愛のムチというやつなのです。


(宿題やってね♡)



一歩一歩、歩みを進め山頂を目指す登山のような手芸ですが

コツコツと時間をかけたなら、必ず登頂可能な手芸とも感じています。
そして、200時間の先には更なる山、思いを自在に伝え表現をしていく
芸術のような世界が待ち受けています。

私もまだまだ登山途中。

焦らず、でも確実に前に一緒に進んで行きたいです。

 趣味ぶろ 手芸教室ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿